NEWS

  1. ニュース 2017年1月 1日

    謹賀新年

    新年あけましておめでとうございます。

    2017年も社員一同、より多くの方の歯の健康、体の健康のお役に立てるよう、

    誠心誠意努力して参ります。

    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  2. プレスリリース 2016年12月22日

    歯間ケアに関するアンケート。歯間の磨き残しは気になるが歯間ケアは不十分?

    歯周病の予防には歯間のケアが大切ですが、その歯間ケアに関するアンケート調査を行いました。

    調査サマリー

    ■30歳から70歳の全国の男女に、歯間の磨き残しが気になるかどうかを尋ねたところ、9割近くの方が気になると回答。

    ■歯間ブラシやフロスなどの歯間清掃用具を毎日使っている人は37%。一方で、ほとんど(又は全く)使っていない人は39%、1週間に1回程度の人は14%と、歯間清掃用具を効果的に使用できていない人が多いことが分かりました。

    ■歯間ブラシやフロスなどを使わない理由のトップは「面倒だから」、第2位は「時間がかかるから」。歯間の磨き残しは気になるが、実際には手間ひまがかかる歯間ケアを十分にできていない人が多いことがうかがえます。

    調査結果はこちら

    survey201610.pdf

  3. 更新情報 2016年8月 4日

    ホームページ リニューアルしました

    スマートフォンでも見やすく、ホームページをリニューアルしました。

  4. プレスリリース 2016年6月30日

    伊勢志摩里海トライアスロンに協賛しています

    7月3日に開催される、伊勢志摩里海トライアスロンに協賛しています。
    当日は会場ブースでの「つまようじ法」ブラッシング体験コーナーを設けます。
    選手の皆さんの健闘をお祈りしています。
  5. プレスリリース 2016年6月29日

    介護情報誌「レクリエ」でつまようじ法が紹介されました

     高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌「レクリエ」7・8月号(世界文化社・2016年7月1日発行)で、つまようじ法が紹介されました。
     「義歯を正しく使うことが認知症予防につながる!」という特集記事の中で、神奈川歯科大学の山本龍生教授の研究が紹介され、義歯の使用の有無と認知症のリスクなどについて解説されています。そして、残っている歯のケアの方法としてつまようじ法が紹介されています。
  6. プレスリリース 2016年5月10日

    「こんにちは新聞」で、つまようじ法が紹介されました

    岡山の生活情報誌「こんにちは新聞」(5月10日号)で、つまようじ法が紹介されました。

    「歯を大事にしてますか?」という特集記事の中で、つまようじ法の磨き方や、なぜこの磨き方が歯周病に良いかが紹介されています。
  7. プレスリリース 2016年4月19日

    「健康365」で、つまようじ法が紹介されました

    健康雑誌「健康365」2016年6月号(発行:エイチアンドアイ、4月16日発売)の中で、
    つまようじ法が紹介されました。

    シリーズ「認知症」この人に注目!(p.162?163)
    というコーナーで、神奈川歯科大学教授の山本龍生先生の記事が掲載されています。
    タイトル:「歯を失うと認知症に二倍なりやすい!歯周病を撃退する"つまようじ法"で脳機能改善」
  8. プレスリリース 2016年3月 1日

    雑誌「婦人画報」にて、つまようじ法とV-7歯ブラシが紹介されました

    婦人画報」(ハースト婦人画報社)2016年4月号(3月1日発売)にて、つまようじ法とV-7歯ブラシが紹介されました。
    「インナービューティの鍵は口腔ケアにあり! すべての健康は"お口"に通ず」
    という記事の中で、歯周病に有効な方法と専用歯ブラシとして紹介されています。
  9. プレスリリース 2016年2月16日

    つまようじ法による歯肉強化論

    「つまようじ法による歯肉強化論」というタイトルの動画がアップされています。
    (NPO法人お口の健康ネットワークのサイトに移ります)

    歯周病の進行から、つまようじ法ブラッシングにより組織が修復していく過程をアニメーションで解説しています。
  10. プレスリリース 2016年1月15日

    雑誌「昭和40年男」でつまようじ法が紹介されました

    雑誌「昭和40年男」Vol.35(2016年1月9日発売:クレタパブリッシング)で、
    神奈川歯科大学教授の山本龍生先生が取材を受けられた特集記事
    「万病の発端に歯周病あり。」の中で、つまようじ法が紹介されました。